プロ仕様アルミ製品             造園資材製品のページ 
  ★ アルミ三脚・アルミ製造園資材の専門メーカー ★                - kitazawa Original -     
長年の販売実績を持つキタザワプロ仕様アルミ製品シリーズ
職人の選定風景
~ キタザワへのお問合せ 
長野県上田市小泉813-1
有限会社 北沢農蚕機製作所
TEL 0268-27-2239
FAX 0268-75-0228
e-mail  al-kitazawa@adagio.ocn.ne.jp   
TOPページ 造園用三脚KSシリーズ 造園プロ用三脚KSNシリーズ 造園プロ用三脚ASNシリーズ 造園用三脚・資材価格表

~ 職人の仕上げる、製品の中からお選びください ~  
庭匠の「技」に応える キタザワ


高所作業造園用 ゴンドラ

 造園用ゴンドラ作業風景
  【写真】 ※注)2019年2月より墜落制止用器具の法改正に伴い墜落制止用器具の使用の規格が変わっております

 造園用ゴンドラ

高所作業用ゴンドラ寸法と名称


【ブーム先端へのブラっケットの取り付け】

アルミ製ゴンドラからプラケットを取り外します。取り外したブラケットを左の図のようにクレーンのブームの先端にブラケットを押し当て、取り付け穴の位置を決めてから、16ミリのボルトの通る穴Cをあけてください。
(ボルト穴の位置は取り付けるクレーンによってAかBのどちらか一方を選んでください)
※ブーム内のブラケットの穴の取り付け位置に、リミットスイッチがあったり、先端内部に補強等がある場合があります。
 取り付けるクレーンの先端内部の構造をよく確認し、ボルトの通る穴を決めてください。


※注2)
クレーンブームの先端の幅は、115~185ミリの幅の調整ができます。ブームの先端の幅にあわせる
T字型のボルトでの調整になります。  (右写真上の幅です)


※注)
Dの長穴は、墜落制止用器具の仕様によっては、ご使用になれない場合があります。


【ブラケットへの本体の装着手順】
カゴの取り付け手順1 カゴの取り付け手順2 カゴの取り付け手順3
ブラケットのパイプに
本体のフックを掛ける
パイプに本体のフックを掛ける
ことによりひとりでセットできます
フックの両端の穴と
ブラケットパイプの穴を
合わせる
ブラケットと本体の合った
穴にボルトを通し
ナットとRピンでとめる

 造園用ゴンドラの寸法
   460  
   495  
   900  ※注1)
   115~185   ※注2)
   120  
 (寸法ミリ)
 総重量 24kg

ブラケット拡大写真
 ジャッキのネジ部には、定期的にグリスを塗布してください



クレーンのメーカー及び機種により構造が違いますで、各機種にあった取り付け方法をメーカー、取り付け先などに、ご相談のうえ取り付けしてください。
高所作業であるため「アルミ三脚或いはハシゴ等では、安全な作業ができない」
そのような場所に
造園用ゴンドラをお使いください。
 
高所作業用ですので、
墜落制止用器具、ヘルメット等を着用してください。

※2019年2月に安全帯の名称が墜落制止用器具に変わりました。
墜落制止用器具は、原則「フルハーネス型」を選定することとなっております。

※墜落制止用器具(旧 安全帯)の規格の変更、使用方法等の詳細は、厚生労働省の「墜落・転落」の防止するために、フルハーネス型墜落制止用器具の着用を義務化でお確かめください。

アルミ製のゴンドラのため電気を通しますので電線など電気の近くでの作業や雷による落雷の恐れのある場合には、お使いにならないでください。 (感電の危険があります)

ゴンドラの作業床(アルミ板の足場)で作業を行い、枠の上での作業はしないでください。
 ジャッキのネジ部には、定期的にグリスを塗布してください。
    製品改良のため、仕様、寸法など予告なく変更することがあります。

※注1) 高さは、900ミリ以上の手すり、中さんおよび、はば木がそれぞれ全周にわたって設られていることとなっております。       

🔴高所作業造園用ゴンドラのクレーン等安全規則による搭乗制限
(搭乗の制限)
第二十六条
事業者は、クレーンにより、労働者を運搬し、又は労働者をつり上げさせて作業させてはならない。
第二十七条
事業者は、前条の規定にかかわらず、作業の性質上やむを得な場合又は安全な作業の遂行上必要な場合は、クレーンのつり具に専用のとう乗設備を設けて当該とう乗設備に労働者を乗せることができる。
 事業者は、前項のとう乗設備については、墜落による労働者の危険を防止するため次の事項を行わなければならない。
一 とう乗設備の転位及び脱落を防止する措置を講ずること。
二 労働者に墜落制止用器具 その他の命綱(以下「墜落制止用器具等」という。)を使用させること。 
三 とう乗設備を下降させるときは、動力降下の方法によること。
3 労働者は、前項の場合において墜落制止用器具等の使用を命じられたときは、これを使用しなければならない。
🔴高所作業車の運転につきましては、必要な資格あります。労働安全衛生法に基づいた義務に従ってください。

●造園用ゴンドラは、高所作業用ですので作業の性質上やむを得ない場合または安全な作業の遂行上必要な場合に使用できるものです。
労働安全衛生法のクレー等安全規則での登場制限等の条文、高所作業車の運転に必要な資格等をお読みいただき、ご理解の上お使いください。




new ジャッキの仕様変更
ジャッキの取っ手が回る
取っ手の握りが回るように2重パイプになりました



【お客様の声】

7月にゴンドラを購入させて貰った〇〇園のHです。
色々なゴンドラを検討しましたがキタザワさんのゴンドラに一目惚れして購入させてもらいました。細部への心配りがとても嬉しい製品でした。安全帯やラジコンなどを引っ掛ける穴や物置・足元のハサミを入れております!
使い方間違ってたらスミマセン
(^^;
又クレーンとの一体感・使用感バッチリでした。

本当に有難うございました。
新たな相棒と共に日々頑張っていきます
(////)
トラックにセットされた高所作業用ゴンドラ
【お客様から一緒に送って頂いた写真】

                 
造園資材価格  こちらへ




植木運搬用 造園用一輪車
造園用一輪車写真 取っ手部は、アルミの二重構造
植木運搬用一輪車です。
植木運搬の際にグリップの下の力のかかる場所は、アルミパイプ二重構造です。
全国の職人さんに販売実績のある造園用一輪車です。
 造園用一輪車の寸法
  320 
  800 
  520 
 (寸法ミリ)
 総重量 7.5kg






無段階調整機能付き トラック用梯子
 トラックの荷台への昇降の補助具に最適です。
トラック用ハシゴ寸法
幅広の安定感のあるステップ
無段階スライド装置の中足のパイプ長さ800ミリ




無段階調整機能付き さし又
◆ 無段階スライド装置付ですのでワンタッチでセットできます。
松を支えるさし又 サイズ 4号~8号まで
号数 40mm 35mm 重量
750 700 1.5
1,030 1,000 1.8
1,300 1,200 2.1
1,450 1,300 2.4
1,690 1,400 2.5
(パイプ)
(寸法 ミリ ・ 重量 キログラム)
40ミリは、外パイプ ・ 35ミリは、内パイプ
 販売展示、仮置き、植木の運搬の際の補助具として最適です。





無段階調整機能付き ハシゴ保持棒
ハシゴ保持棒の寸法
写真:ハシゴ保持棒4.0M(品番 4.0型)

ハシゴ保持棒 品番別寸法
品 番  重量(㎏)  全 長(mm)
 3.0型  4.3  3,000~5,300
 3.5型  4.8   3,500~6,300
 4.0型 (注1)  5.4   4,000~7,000
ハシゴ保持棒の使用例
必ずロープで固定してから、振れ止めの補助具としてお使いください。
スライド装置は、任意の位置に止められる自在式です。
仕様寸法には、若干の誤差がございます。
長尺物の製品のため輸送方法を当社にお確かめください。
4.0型は、お近くの運送会社の営業所の止めになります。(注1)
保持棒天峰の寸法






ご注文は、メール、ファックス、お電話でお受けしております。

造園資材価格表

  製品名   品番   価格(円)
  造園用ゴンドラ   / 110,000
 造園用一輪車   /  31,000
 トラック昇降用ハシゴ      26,000 
  ハシゴ保持棒4.0M   4型 33,000
  ハシゴ保持棒3.5M   3.5型 31,000 
 ハシゴ保持棒3.0M   3.0型 29,000 
  さし又4尺  4号  9,000 
  さし又5尺  5号  10,000 
 さし又6尺  6号  11,000 
  さし又7尺  7号  12,000 
  さし又8尺  8号  13,000 



造園管理製品の価格は、消費税と送料を含んだ価格です。
   ※  但し、一部の地域につきましては送料の一部を負担をお願いする地域があります。
 
その様な地域につきましては、お調べしてご連絡いたします。
お支払方法は、代金引換でお願いしております。






~ キタザワへのお問合せ 
長野県上田市小泉813-1
有限会社 北沢農蚕機製作所
TEL 0268-27-2239
FAX 0268-75-0228
e-mail  al-kitazawa@adagio.ocn.ne.jp   



上へ

アルミ製品専門メーカー
UP キタザワ
TOPページへ



Copyright (C) 2007-2019 Kitazawa.