アルミ三脚・アルミ製踏み台などの果樹、造園資材の専門メーカー  キタザワ

~長年に亘り、果樹農家、造園業の皆さんにアルミ三脚はじめアルミ製品をご提供してまいりました~

社名のイメージの桑
~ キタザワへのお問合せ 
長野県上田市小泉813-1
有限会社 北沢農蚕機製作所
TEL 0268-27-2239
FAX 0268-75-0228
e-mail  al-kitazawa@adagio.ocn.ne.jp   

TOPページ 北沢農蚕機製作所のあゆみ お客様の声 お問い合わせ


 お客様からの製造依頼や修理品の依頼により、多くのアルミ製品を見てまいりました。
各製品の長所、短所を身近に見て参りまして、時には軽く、または堅牢にと研究し、今のキタザワのアルミ製品が出来上がりました。
使う方がより満足頂ける製品作りをこころがけております。


                
会社案内
造園管理用品
◆ アルミ三脚
◆ ゴンドラ
◆ 造園用一輪車
◆ トラック用ハシゴ
◆ さし又
◆ ハシゴ保持棒
果樹、園芸用三脚・四脚
◆ アルミ三脚
◆ アルミ四脚
◆ ゴムキャップ
果樹、園芸用一輪車・運搬車
◆ 一輪車
◆ 背負い動噴台車
◆ カゴキャリー
果樹、園芸用脚立(踏み台)
◆ 二段・三段踏み台
◆ ブドウ摘粒用作業台
◆ ブドウ作業用踏み台
◆ 選別台
車用踏み台(高齢者
◆ 車高の高い車の乗り降りに!

会社案内


 信州上田は、明治大正期に養蚕が盛んで「蚕都上田」といわれていました。

 昭和の終わりから年を追うごとに輸入物の生糸が日本に多く入り、このころ1つの歴史が過去のものとなりつつある中で、当時弊社も養蚕の機械を作っておりましたので大きな転換を迫られました。

 信州は今も、リンゴやブドウに代表されるように日本有数の果樹地帯であり、その果樹園の道具といえば三脚です。往時は、鉄の三脚がほとんどでしたが、こちらも時代に迫られるように軽くて錆びない溶接構造のアルミ製の三脚に変わりました。
 平成になるころ弊社もアルミ製の三脚を作り始め、早いもので四半世紀以上たちました。
 今は、果樹・造園用の三脚といえば溶接構造のアルミ製が主流です。そして養蚕の時と同じように、アルミ製品も、ホームセンターなどで安価な輸入製品が多く売られるようになりました。

 日本の経済は、重厚長大産業から軽薄短小産業へと時代が移り、それも過去のものとなって現在では、ハードよりソフトの時代を象徴するかのようにコンピュータ・インターネットによる情報発信は、私たちの経済活動、生活の向上やコミュニケーションに欠かせないツールとなりました。

 めまぐるしく変化する昨今になり、時代の変化をアルミ三脚などのアルミ製品を通して見てまいりました。
 弊社では、職人の思い入れを大切に、「果樹農家のプロ」及び「庭の匠、造園業のプロ」の方々の声に応えられるアルミ製品作りを目指してまいりました。
 国内では、果樹農家・造園のプロが使うアルミ三脚を作る会社が年々少なくなっております。
 ホームページの開設から10年以上たちました。

 今では、造園プロの三脚の注文をくださるリピーターさんが年々増えております。
 2018年からは、30年以上培ったノウハウを生かし造園プロに特化したアルミ三脚を柱にHPで紹介し、よりニッチにプロにこたえられる製品つくりをしてまいります。

インターネットによる情報発信が商品紹介に欠かせないツールになったことを実感しております。

 
日本製(国産)の品質の良い素材を使い、「匠」職人が作るアルミ三脚脚立。(※1)

ホームページの開設で、より多くのお客様にご紹介できることとなりました。
 (ホームページ開設:平成19年3月) 
 (ホームページの独自ドメインの取得:平成26年12月)

 弊社は、日々研鑽し、よりよい製品を作る事を心がけております。

 
(※1) アルミ管は、日本のメーカーのアルミ合金を使用しております。

北沢農蚕機製作所 
北沢農蚕機製作所のあゆみ
◆  商 号  ◆  有限会社 北沢農蚕機製作所
 (ユウゲンガイシャ キタザワノウサンキセイサクジョ)
◆  所在地  ◆   〒 386-1106
 長野県上田市小泉813-1
◆ 会社設立 ◆  1947年(昭和22年9月)
◆ 代  表  ◆  北沢 政幸
◆ 事業内容 ◆ 果樹・園芸用アルミ資材並びに造園管理用資材などのアルミ製品の製造販売をしております。
長野県、山梨県など近隣の県においては、JA、農機具店など販売店による販売も致しております。
◆ 企業理念 ◆ 「お客様にとってキタザワは、どのような企業であるのか」
ナンバーワンではなく、お客様の求めるもの。
その先にあるものは、オンリーワンの製品作りを目指す企業でありたい。
私たち作るものが、この製品に満足するのではなく。
お客様に満足してお使い頂ける製品作りを目指しております。



 キタザワまでの地図
 




U P キタザワ